Semalt:Jsoupを使用してWebページからHTMLデータをスクレイピングする方法

コンテンツマーケティング業界では、ウェブスクレイピングがブロガー、オンラインマーケティング担当者、ウェブマスターの日常業務となっています。金融マーケティング担当者は、市場分析はもちろんのこと、株式市場での商品のパフォーマンスを追跡するためにWebからのデータに依存しています。

Webは、正確でクリーンで一貫した情報の最も重要な情報源です。必要なのは、スケーラブルな方法でWebからデータを収集、分析、および整理できる技術です。これが、Webコンテンツ抽出の出番です。Webコンテンツ抽出は、ターゲットWebページからHTMLデータをスクレイピングするための究極のソリューションです。

Webスクレイピングとも呼ばれるWebコンテンツ抽出は、Webから大量の情報を抽出し、それを簡単に使用できる形式で表示する手法です。ターゲットWebページからHTMLデータをスクレイピングするには、Webデータ抽出サービスを採用するか、ローカルマシンを使用してターゲットWebページをスクレイピングできます。大規模なWebスクレイピングプロジェクトでは、データ抽出サービスを強くお勧めします。

Jsoupを選ぶ理由

Jsoupは、WebページからHTMLデータを抽出および取得するための便利なアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を備えたJavaライブラリです。このライブラリは、CSSやDOMなどの高品質のメソッドを使用します。 Jsoupライブラリは、HTMLデータを解析して、Google ChromeブラウザーやMozilla Firefoxと同じドキュメントオブジェクトモデル(DOM)にします。

Jsoupは、ユーザーフレンドリーなHTMLパーサーであり、目的のWebスクレイピング結果を提供します。 Jsoupクラスは、単一または複数のソースからHTMLデータをロードおよびスクレイピングするメソッドを提供します。以下は、Jsoup Javaベースのライブラリで実行できるタスクのリストです。

  • カスケードスタイルシート(CSS)セレクターまたはDOMトラバーサルを使用して重要な情報を検索および抽出する
  • クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を防ぐために、安全なホワイトリストに対してエンドユーザーのコンテンツをクリーンアップします
  • ファイル、文字列、またはURLからHTMLデータを取得して解析する
  • 半構造化HTMLデータを出力する
  • テキスト、属性、HTML要素を操作する

Jsoupを使用してURLからデータを抽出する

メタデータの説明としても知られているメタ情報は、インデックス作成の理由でWebページのコンテンツを決定および識別するために検索エンジンが利用する有用なデータで構成されています。ほとんどの場合、メタ説明は、HTML Webページのヘッドセクションのタグの形式で設計されます。 Jsoupライブラリは、ウェブマスターがHTMLデータをスクレイピングしてウェブページのコンテンツを決定するために広く使用されています。

Jsoupを使用すれば、有用なデータを使用可能な形式で取得することを心配する必要はありません。このHTML解析は、文字列の形式のHTMLコンテンツを予期し、クリーンなHTMLデータとしてエンドユーザーにコンテンツを返すホワイトリストサニタイザーで構成されます。

ホワイトリストサニタイザーは、入力されたHTMLを安全な環境で解析し、解析ツリーを通じてコンテンツを反復処理します。 JsoupはJavaベースのライブラリであり、正規表現を使用してWebページからのHTMLデータを解析しないことに注意してください。

Jsoupライブラリは、URLファイルとHTMLファイルの両方から有用なデータを操作および抽出するための非常に便利なAPIを提供します。マシンにJsoupライブラリをインストールし、HTMLドキュメントをすばやくロードし、URLの内部リンク全体をテキストとともに印刷し、技術的な問題を発生させることなくWebページからHTMLデータをスクレイピングします。

mass gmail